• TOP
  • 予防歯科

とよだ歯科・こども矯正歯科の予防歯科 yoboushika

歯を残すことの大切さ

日本人の平均寿命は年々増加しており、男女ともに80歳を超える時代が到来しました。これは欧米各国に誇れる数字ではありますが、圧倒的に劣っている数字もあります。それは80歳になった時に残っている歯の本数です。

次のグラフは、80歳時点における歯の残存歯数を欧米各国と日本で比較したものです。予防の先進国であるスウェーデンが「25本」であることに驚かれる方も多いことかと思います。永久歯は全部で28本生えてくるので、80歳までにたったの3本しか失っていないことになります。

歯を残すことの大切さ

一方、日本はその半分以下である「12本」です。食品の性状や形態に制限をかけず、好きなものを自由に食べるには、最低でも20本の歯が必要といわれています。いわゆる8020(80歳で20歳以上の歯を残す)運動は、この考え方が基準になっていますが、未達成者が多いのは言うまでもありません。これでは寿命が延びても食事を楽しむことがでず、QOL(生活の質)も低下してしまいます。

予防意識に違いがある

日本人と欧米人では、予防意識に決定的な違いがあります。次のグラフは、定期検診の受診率を表しています。欧米各国は70~90%に達しているのに対し、日本はわずか2%にとどまっています。

予防意識に違いがある

日本では今でも「歯医者さんは痛くなってから行くところ」という考え方を捨てきれていないのです。一方、ヨーロッパ人やアメリカ人は古くから「むし歯や歯周病は予防するもの」という考え方が広く根付いています。その違いがデータにもわかりやすく現れているのです。

定期検診の重要性

次のグラフは、定期検診の受診と残存歯数との関連を表したものです。「定期検診とクリーニングを受けた場合」、80歳になっても3~4本の歯しか失っていないことがわかります。これは欧米の数値とほぼ同じですね。

定期検診の重要性

次に注目していただきたいのが「症状の或る時だけ受診した場合」です。これは従来の日本人の考え方そのものですが、80歳で残っている歯の本数は0本です。「歯磨き指導のみを受けた場合」でも5本にとどまっていることから、いかに定期検診が重要であるかをおわかりいただけることかと思います。

専任の歯科衛生士が手厚くサポートします

歯科衛生士は予防のプロフェッショナル

歯科衛生士は予防のプロフェッショナル

歯科医院において、予防の主役となるのは歯科医衛生士です。口腔ケアのプロフェショナルが皆さまのお口の毛校をサポートします。当院では、患者さまそれぞれに専任の歯科衛生士がつく「担当衛生士制」を導入しておりますので、きめ細かいケアが可能です。

歯科衛生士と歯科助手の違いとは?

歯科医院では、歯科衛生士と歯科助手というコメディカルが歯科業務に従事しています。歯科衛生士は、『歯科衛生士法』という法律に基づいた国家資格で、歯科医療における予防処置・保険指導・診療補助の3つを行うことができます。

歯科助手は国家資格ではなく、歯科医療行為を行うことができません。簡単にいうと、治療目的で患者さまのお口の中に手を触れることが許されていません。

予防の主役は歯科衛生士

予防の主役は歯科衛生士

予防処置である歯垢除去や歯石除去は、主に歯科衛生士が行います。歯科衛生士は、口腔衛生に関する高い知識や技術を有しており、口腔ケアに関しては歯科医師に勝るとも劣らない力を持っています。

そんな予防の主役である歯科衛生士が予防処置を責任を持って行うことで、皆さまの歯を1本でも多く、長く保てるようサポートします。

定期的なプロケアの必要性

定期的なプロケアの必要性

歯の表面に付着する汚れには、セルフケアで落とすことのできないものも存在しています。それはバイオフィルムや歯石です。いずれも細菌繁殖の温床となることから、定期的に除去することが望ましいです。

定期検診や予防処置でご来院いただければ、そうした通常のブラッシングでは落とすこのできない汚れもきれいに取り除くことができます。その結果、むし歯や歯周病のリスクも大幅に減少します。治療が終わった後もそうした定期的なプロケアを継続することで、欧米諸国のような素晴らしい口腔環境を確立することにつながります。