小児歯科についてblog

お子様の治療で大切なのは協力しあうこと

お子様の歯を治療するために大切なことは、

歯科医院・お子様・保護者様の三者の協力があって初めてしっかりと

治療を行うことができます。

歯科医院で出来ることは、教育、治療、予防をすること。

保護者の方が出来ることは、お子様の歯磨きの手伝いや食生活の管理、

ゆびしゃぶりや唇を噛んだりする等のくせの防止。

お子様には歯科医院と保護者が一緒になって口から全身への健康を伝える。

お子様が大人になったとき困らないよう、

いま出来ることをしっかりと行っていきましょう

保護者の方に知っておいてほしいこと

成長するにつれ乳歯は永久歯に生え変わります。
『いずれ生え変わるから』

と言って虫歯になった乳歯をそのままにしていいわけではありません。

乳歯の虫歯は永久歯に大きな影響を与えます。

  • 永久歯の質や形を悪くする
  • 永久歯の歯並びが悪くなる
  • 発音の障害が出る
  • 体全体やアゴの発育に影響を与える

虫歯は治療するだけでは、治ったことにはなりません。


再発しないように歯ブラシデンタルフロスフッ化物の応用など、

日々のケアが特に大切になります。

歯が生え変わる時期に気をつけてほしいこと

乳歯がぐらぐらして中々抜けない場合は、1度検診を行うことをお勧めします。ぐらつく乳歯の下の永久歯が虫歯になってしまうこともよくあります。

口の中を見ても歯ぐきの中の状態は分からないので、

虫歯になっている事に気づかないケースがよくあります。

また乳歯が抜けて永久歯が生えてきている状態では、

他の歯より低いところにあるので、歯ブラシの毛先が届きにくく、

歯の溝にプラークがたまり虫歯になってしまうことがあります。

治療が必要か、もしくはオブザベーションかを見極めるためにも、

歯科医院での定期検診をお勧めします。

 

大阪市住吉区東粉浜3-21-2

とよだ歯科・こども矯正歯科  http://www.toyoda-shika.jp/